br-bnr-repetto.png

1947年、ローズ・レペットがフランスで設立した
自身の名を冠したダンスブランド。

パリのオペラ座近くのアトリエでダンスシューズの
デザインを始めたことからスタートし、
ブランドアイデンティティは「ダンス」。

ブリジット・バルドーがフラットシューズをオーダーしたことから、
タウンユースできるフラットバレリーナシューズが誕生。

足に手袋をはめているような履き心地が特徴で、
ダンサーだけに留まらず、
タウンユースでも人気を博していますね。

当店でお問い合わせの多い修理内容をご紹介します。

ハーフソール、リフト補強修理

足に手袋をはめているような履き心地が特徴で、
ソールが薄く、歩行の反り返りも柔軟な作りになっているレペットシューズ。

ご購入の店舗にて、「新品の状態でハーフソール(靴底)補強はご遠慮ください。」
と言われるケースが多いですね。

ですが、せっかく気に入ったシューズを長く愛用したい。
レザーソールで前滑りが心配。
ですよね。

当店では、レペットの靴の特徴であるしなやかな靴の反り返りを極力損なわないように、
シルクハーフラバーをお勧めしております。

オリジナルの靴底を接着が良くなるように
表面を少し削り、
厚さ1.3mmの薄さで、耐摩耗性・耐滑性が高く
ハーフソールを貼っている感じも分かりづらくなっております。


メリット→

靴底が減りにくくなり長持ちする。

ソールの穴開きなどを防ぎ、つま先が削れにくくなる。

靴本体(アッパー)、レザーソールを痛めない。

サンドリオンなどのリフトが低いタイプは特に
靴本体を痛めてしまうので、
ヒールを補強するとアッパーの保護になる。

デメリット→

接着を良くする為に靴底を少し削る。

レザーソールの風合いは楽しめない。

アッパーを痛めない為にヒールを上乗せすると
多少高くなるので、
歩き心地が変わる。


・シルクハーフソール補強修理 税込み3,300円
 シルクハーフソール+リフト補強修理 税込み4,400円〜

    






お問い合わせ、お見積もりはこちらから
↓↓

お問い合わせ
LINEでのお問い合わせはこちら

中敷(インソール)交換修理

レペットの中敷は、白地に黒のロゴプリントが施されているものが多く、
着用していくうちに、中敷の白の塗装が剥げてきてしまいます。

レペット公式サイトにて、純正インソールの販売も行っていますが、
金額がかなり高くなります。

当店では、レザーの無印のインソールをご用意しております。
レザーですので、合成皮革のインソールのように劣化の心配もございません。
高級靴の質感を損なわないように
メーカーのロゴを消しております。

人気の白以外に、黒、コーヒー、茶、キャメル、
オーク、ダークブルー、グレー、薄グレー、薄ピンク、
ベージュ、薄ベージュ、金、銀と取り揃えております。


・中敷(インソール)交換修理 税込み1,980円


※純正インソールを購入しても
前のインソールの糊をしっかりと除去してから
接着しないと簡単に剥がれてしまいます。

ご自身でやられる場合にはベタベタするのを
アルコール等で完全に拭き取り、
革専用のボンドで接着してください。
尚、アロンアルファは絶対に使用しないでください。

弊社で純正インソール張り替えをご希望のお客様は、
インソールを同封してください。

・純正インソール貼り付け 税込み1,100円




    
お問い合わせ、お見積もりはこちらから
↓↓

お問い合わせ
LINEでのお問い合わせはこちら

ステッチほつれ修理

レペットの靴は、ステッチ&リターンという製法で
靴底を表裏の状態で縫ってからひっくり返してチェーンステッチで縫われています。

ですから、縫い目の一ヶ所でも糸が切れたりすると連鎖反応で簡単に糸がほどけてしまいます。

当店では、チェーンステッチではなく、
ほどけている部分より手前から二度とほどけない返し縫いをして補強します。

最後にハーフソールで補強しますとステッチの保護にもなりますし強度はUPします。

新品の状態でハーフソールを貼らないと、オールソールができないので事前補強をお勧めします。


・ステッチほつれ修理 片足 税込み3,300円〜

お問い合わせ、お見積もりはこちらから
↓↓

お問い合わせ
LINEでのお問い合わせはこちら

ヒール部分穴あき補修

 

レペットはカカトが柔らかく、サンドリオンなどのヒールが低いデザインですと、
カカト部分が地面についてしまい、帯状の革に穴があいてしまう場合がございます。

当店では、カカト部分の帯状の革を可能な限り近い革で交換することが可能です。

帯状の革だけを交換してもまたすぐ傷んでしまうので、ヒールの高さを若干高くすることで、傷みにくくなりますので、同時のお修理をお勧めします。

・カカトの帯革交換 左右 税込み4,400円〜



お問い合わせ、お見積もりはこちらから
↓↓

お問い合わせ
LINEでのお問い合わせはこちら

リフト(かかと)製作

レペットのリフト(かかと)本体は、釘を使わず接着のみでつけられている為、
アスファルトの熱や接着剤の経年劣化により、
リフト(かかと)本体が取れてしまうことがございます。


尚、素材もウレタンを採用しているので経年劣化して割れてしまうことがございます。
当店では、可能な限り元の形状に近いリフト(かかと)を新しく製作して、
劣化しにくいゴム素材で交換して
取れにくいようにタックス釘で打ち込みます。

リフト(かかと)の高さを合わせる為、片足のみの製作の場合でも 両足でお持ちいただくことをお勧めします。

・リフト(かかと)製作 片足 税込み3,300円+リフト修理 左右 税込み1,650円〜
                                                  ※リフト代金は別途かかります。



お問い合わせ、お見積もりはこちらから
↓↓

お問い合わせ
LINEでのお問い合わせはこちら

履き口部分グログランテープ交換

レペットのバレエシューズの履き口部分グログランテープ(パイピング)が、
長く履いていると摩耗により穴があいてしまうことがございます。


当店では、可能な限り近い色のグログランテープで部分的に交換することが可能でございます。

※ほつれている部分のみ補修や、
汚れがひどい場合には、1周交換も出来ますので
お気軽にご相談ください。


・履き口部分グログランテープ交換 両足 税込み4,400円〜

履き口グログランテープ1周交換 両足 税込み8,800円〜


お問い合わせ、お見積もりはこちらから
↓↓

お問い合わせ
LINEでのお問い合わせはこちら

リボン(シューレース)交換

レペットのバレエシューズのリボンで履き口を調整することが可能ですが、
引っ張りすぎて抜けてしまうことや、
長く履いていると先端がボサボサになり見た目が汚くなることがあります。


当店では、可能な限り近いリボン(シューレース)で交換することが可能でございます。

・リボン(シューレース)交換修理 両足 税込み8,800円〜
                                                    リボン先部分糊付け 税込み880円〜


お問い合わせ、お見積もりはこちらから
↓↓

お問い合わせ
LINEでのお問い合わせはこちら

カラーリング修理

着用により汚れ、キズ等を目立ちにくくする為に、
クレンジングをしてからのカラーリングをお勧めしています。
本革や合成皮革のアッパーの擦れには対応可能でございます。


深いキズの場合は、革の凹凸を綺麗にすることは難しいですが、
状態を緩和することは可能でございます。


・カラーリング修理 税込み5,500円〜

お問い合わせ、お見積もりはこちらから
↓↓

お問い合わせ
LINEでのお問い合わせはこちら

靴底剥がれ修理

ソールののり自体が劣化したり、
アスファルトの熱で劣化により、
アッパーとソールが剥がれてきてしまいます。


※片足に剥がれの症状がでた際、
反対側も同じ症状になっている場合がございます。
両足でお持ちいただくことをお勧めします。


・靴底剥がれ修理 税込み2,200円〜


お問い合わせ、お見積もりはこちらから
↓↓

お問い合わせ
LINEでのお問い合わせはこちら

爪先穴補強修理

やっと足に馴染んで履きやすくなってくるとおこる事例ですが、
レペットの靴は柔らかくしなやかですが、
内側布地部分の親指爪先や小指部分に穴が開きやすいです。

そのままにしているとアッパー部分まで穴が広がり
お直ししても体裁が悪くなるので早めの処置が必要です。


当店では白で強度のあるベロア革を使用して
部分的に補強することが可能です。


・爪先穴補強修理 1箇所 税込み880円〜1,320円


お問い合わせ、お見積もりはこちらから
↓↓

お問い合わせ
LINEでのお問い合わせはこちら