ジョージコックス(GEORGE COX)ギブソン3705 クレープソール交換修理

ジョージコックス(GEORGE COX)ギブソン3705 クレープソール交換修理

こんにちは。

今回は、ラバーソールの第一人者のジョージコックスをご紹介します!

1906年、ジョージ・ジェイムズ・コックスがノーザンプトンにて創業したシューメーカー。

創業当時は、ジョージコックス社独自のウェルト製法やグッドイヤー・ウェルト製法によるシューズを生産していたが、

1949年にラバーソールの愛称で知られる分厚いクレープソールが特徴の厚底靴、

Brothel Creeper(ブローセルクリーパー)「売春宿を徘徊する者」という名は、足音の響かないそのソールから付けられたそうです(*_*)

この見た目も名前も風変わりな靴は、もともとはロイド・ジョンソンが経営するミュージシャン御用達のショップ、

JOHNSONSの別注という説と、キングス・ロードにあったショップ、ROBOTが別注したものという説の2つがある。

またこの厚い底は「ビートルクラッシャー=虫を踏み潰す」とも呼ばれ、害虫を踏み潰すために履いていた作業靴を真似たものという話もあるそうですよ!

特徴は、厚さ約4cmのクレープソール。

上品な光沢を放つレザーアッパーと相まって、この上ない存在感ルックスばかりではなく、

メイド・イン・UKにこだわり、伝統的なグッドイヤーウェルテッド製法を用いているところも人気ですね♪

今回は、ギブソン(Gibson)先細デザイン3705の靴底が減ってしまっているので、
オールソール交換しましたのでご覧ください。

ビフォー

アフター

カカト部分も綺麗になりました^^

これでまた快適にご愛用いただけますね^^

今回のお直し代金
ジョージコックス オールソール交換 税込み13,200円

納期
約3週間〜

宅配サービス時約3週間〜

※遠方からご来店で即日渡しをご希望の方は、土日祝日は混雑しますので、比較的空いている午前中、もしくは平日の来店をお勧めします。

当店はアトレ目黒、JR山手線目黒駅西口改札を出て徒歩10秒の立地にあります。
尚、東急目黒線からは徒歩1分になります。

通勤途中や日々目黒駅を利用されない方でも駅前なのでご気軽にお立ち寄れます。
常時3〜5人体制で迅速な対応をしております。

遠方から宅配便をご利用の場合は行きの送料はお客様負担になります。

※返送料について

10月1日から修理代金より10%分を返送料として弊社が負担するシステムに変更になりました。

例)税込み7,700円の修理ですと770円分セピアが返送料をご負担します。

箱の大きさが60センチ~100センチで近畿地域ですと通常返送料1,045円ー 割引770円=275円をお支払いしていただく事になります。

総支払額7,700円+返送料275円=7,975円になります。
※返送サービスをご利用の際、回数券との併用はできませんのでご了承ください。

基本送料について
箱の大きさが3辺計60センチ~100センチ未満
東京都内(離島を除く)880円
関東、東海、中部、北陸、信越、東北地域 935円
近畿、中国、四国地域 1,045円
北海道、九州地域 1,375円
沖縄 1,485円
離島 1,485円

箱の大きさが3辺計101センチ~170センチ未満
東京都内(離島を除く)1,650円
関東、東海、中部、北陸、信越、東北地域 1,705円近畿、中国、四国地域 1,815円
北海道、九州地域 2,200円
沖縄 2300円
離島 2300円

代引き配送手数料について
3万円以下 440円
3万円~10万円以下 660円
10万円~20万円以下 990円
20万円~30万円以下 1,100円

営業時間
AM10時〜PM9時

TEL0364088497

http://www.kutsusepia.com